「子ども社会レポート」の連載について

その他のニュース > 「子ども社会レポート」の連載について

「子ども社会レポート」の連載について

(掲載日:2023年12月11日)

日本子ども社会学会会長 加藤理

 日本子ども社会学会が発足した当時、この学会ではアカデミズムの中に閉じこもるのではなく、実践報告や子どもの観察結果について、現場で子どもと関わる方々と研究者が協同しながら科学化する試みが志向されていました。子ども社会学会が自らの社会的使命にしようとしていたことの一つが、こうした子どもに関わる実践活動を行っている方々や、学校や施設等の現場で子どもたちと関わる方々と研究者との協同にあったと思います。

 創立30周年を迎えるにあたり、学会のアイデンティティでもある実践と研究の協同の場を積極的に創出したいと思っています。そのための試みとして、子どもたちと関わりながら子どもたちの行動をつぶさに観察している方々に、日々の観察についてホームページ上で報告してもらいたいと思います。2ヶ月毎の掲載を予定しています。

 実践活動を行っている方々と研究者による協同の中から、新たなパラダイムが生れてくる試みとなることを期待したいと思います。

子ども社会レポート

関連記事

  1. 「こどもまんなか社会実現PF(仮)拡大準備会合」開催のご案内
  2. 令和6年度 教科書研究奨励金公募(公益財団法人中央教育研究所)
  3. 「学会ニュース」第39号を発行いたしました.
  4. 会長挨拶と2023-2024年度日本子ども社会学会役員一覧を更新しました。
  5. 室戸ユネスコ世界ジオパーク:2023年度学術研究助成のご案内
  6. 学びのかたちをつくる会Vol.1開催のご案内
  7. 一般社団法人社会福祉マネジメント学会(JASM)からのオンラインセミナーのご案内
  8. 「学会ニュース」第38号を発行いたしました.
  9. 会員区分と学会費の改正
  10. 国立研究開発法人科学技術振興機構【JST/RISTEX】新規研究開発テーマに関するアンケートのお願い(~7/8(金)迄)