東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター主催 シンポジウム「学びの原点に立ち返る―「理科」と「社会科」の間―」

研究会情報 > 東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター主催 シンポジウム「学びの原点に立ち返る―「理科」と「社会科」の間―」

東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター主催 シンポジウム「学びの原点に立ち返る―「理科」と「社会科」の間―」

(掲載日:2017年11月13日)

 
【日時】平成29年12月17日(日)13:00~16:00
【場所】東京学芸大学 中央講義棟 C303教室
【主催】東京学芸大学 教員養成カリキュラム開発研究センター
*申込不要、参加費無料
 
【シンポジスト】
・小林晋平(東京学芸大学自然科学系物理科学分野准教授)
    「人にとって学びとは何かー世界を面白がる方法としての物理学ー」
・坂井俊樹(開智国際大学教育学部長、東京学芸大学名誉教授、元日本社会科教育学会会長)
    「社会事象に関する「事実」とは何かー歴史教育の視点からー」
・原子栄一郎(東京学芸大学環境教育研究センター教授)
    「「人間として生きる」学び:環境教育という地平から」
【司会】金子真理子(東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター教授)
 
趣旨:
  社会科と理科は、社会科学と自然科学という異なる学問体系を背景とし、相補的なものとして位置づけられることが多いが、私たちが生きているこの世界のありようを発見し、理解し、それに自主的にかかわっていこうとする資質を育てるという目的は共通しています。これらの教科を通しての学びは、子どもが生きる上でどのような力と糧になるのか。教員養成の現場から、宇宙物理学と理科教育を専門とする小林晋平氏、社会科教育(主に歴史教育)と韓国教育を専門とする坂井俊樹氏、環境教育と教育学を専門とする原子栄一郎氏をお迎えし、分野の垣根を超えて議論します。彼らが教科学習の目的をどう語るかを聴き合い、参加者とともに議論を交わすことで、学びの原点に立ち返って「未来のカリキュラム」を構想していきます。学校現場の先生方、大学の研究者、学生、市民の皆さまの参加をお待ちしています。申込不要、参加費無料です。
 
 
詳細は印刷用チラシをご参照ください
チラシ(PDF)

関連記事

  1. 公開シンポジウム「社会保障と教育の接続をめぐって」中国四国教育学会第69回大会
  2. 東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター 客員連続講演会(第4回) 台湾社会と教師―職業イメージと期待をめぐって―
  3. 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域 提案募集のお知らせ
  4. (終了)ワークショップ&トークイベント のご案内「ドメスティック・バイオレンスと、いま、どう向き合うか」
  5. 子どもの生活と学びに関する親子調査2015」報告会のご案内(7月17日(日)
  6. (終了しました)水野紀子 東北大学教授 講演会 「児童虐待対策-養育者支援の観点から」開催のお知らせ
  7. 【終了】中国の研究者との交流へのお誘い(日本教育社会学会第67回大会)
  8. 【終了】スーザン・リン氏講演会のお知らせ
  9. 【終了】二次分析研究会のご案内(東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ 研究センター)
  10. 日本子ども社会学会 地区(関東)研究交流会 報告