日本子ども社会学会「学会賞」選考規定の一部変更

その他のニュース > 日本子ども社会学会「学会賞」選考規定の一部変更

日本子ども社会学会「学会賞」選考規定の一部変更

(掲載日:2018年08月28日)

日本子ども社会学会「学会賞」選考規定が一部変更されました。変更箇所・変更内容は以下のとおりです。最新の規定を参照のうえ、ご推薦(他薦・自薦)ください。
 
【4.対象となる著書・論文等】
選考対象が、学会員が執筆し、公募締め切り日から遡って(変更前:本賞授賞時の本学会研究大会から遡って)、過去〇年以内に刊行されたものとなりました(学会賞の種類によって〇は異なります)。
 
【6.審査手順】
審査のために提出された各種書類(著書・論文を含む)は返却しないことが、明記されました。

関連記事

  1. 2018年度学会賞 「審査報告」および「受賞のことば」の掲載について
  2. 日本子ども社会学会第25回大会の「不参集」とその判断の経緯について
  3. 日本子ども社会学会 第 25 回大会・公開シンポジウム 子どもが育ちあうコミュニティーをつくる
  4. (締切)2018年度学会大会の発表申し込み受付を開始しました。
  5. (情報更新)2018年度学会大会のご案内を掲載しました。
  6. 学会ニュースの郵送取りやめとホームページでの公開について
  7. 特集「「子どもらしさ」へのアプローチ・3 ―多様な子ども―」 投稿募集のお知らせ
  8. 紀要『子ども社会研究』22号・23号を掲載しました.
  9. 2017年度(第24回)大会発表要旨集録が完成しました
  10. 「子どもは民主主義を学べているのか」(日本子ども社会学会第24回大会公開シンポジウム)