【日本子ども社会学会20周年記念事業】「学際研究助成」公募のお知らせ

公募・助成金情報 > 【日本子ども社会学会20周年記念事業】「学際研究助成」公募のお知らせ

【日本子ども社会学会20周年記念事業】「学際研究助成」公募のお知らせ

(掲載日:2014年04月02日)

2014年4月1日 日本子ども社会学会 研究交流委員会

1.本助成の目的

本助成は、日本子ども社会学会の20周年記念事業の一環としておこなうものです。
本助成は、子ども社会に関する学際研究に助成することで、若手研究者交流の場の形成および促進することを目的としています。

2.助成対象

・研究代表者と構成員からなる学際チーム(2名以上)による研究を対象とします。
・研究代表者は、40歳未満(2014年4月1日現在)の日本子ども社会学会の会員(2013年度会費納入者)で、構成員の半数以上が日本子ども社会学会の会員(申請書提出時点)であることを要件とします。
・構成員のおおむね7割が40歳未満(2014年4月1日現在)であることを要件とします。

3.助成額および助成件数

・1件あたりの助成額は上限5万円とします。
・助成件数は、研究交流委員会での審査を経て、おおむね4件程度を予定しています。

4.提出書類

・企画者、研究テーマ、研究の概要、構成員の氏名および年齢等を記入して下さい。様式は、申請書(エクセルファイル)をダウンロードしてお使い下さい。
・提出時にはA4縦型1枚に収まるようにレイアウトして下さい。

5.提出先

〒590-8515
堺市堺区香ヶ丘町1-11-1
関西大学 人間健康学部
日本子ども社会学会研究交流員会委員長  山縣 文治 宛
*「日本子ども社会学会・学際研究助成応募書類在中」と朱書してください。

6.募集期間(締め切り)

2014年4月7日(月)から6月8日(日)[必着]まで

7.報告義務

本研究助成を受けたものには、2015年度、第22回全国大会の「ラウンドテーブル」で、その成果を発表することが義務づけられます。

8.スケジュール

締め切り後、日本子ども社会学会研究交流委員会で審査し、理事会で最終決定をします。決定結果は、2014年度、第21回全国大会総会(敬愛大学)で報告し、事務局を通じて、研究代表者あてに速やかに結果を通知します。
助成決定を受けたものは、速やかに研究を開始して下さい。

9.問い合わせ先

本研究助成に関する問い合わせは、メール又は郵便でお願いします。
問い合わせ先のメールアドレスは、「fyama@kansai-u.ac.jp」です。
タイトルには「日本子ども社会学会学際研究助成」と明記して下さい。
郵便での問い合わせ先は、書類提出先と同様です。

関連記事

  1. 第18回「アジア太平洋研究賞」(井植記念賞)論文募集の案内
  2. ISSBD (International Society for the Study of Behavioral Development)2019年6月 香港大学にて大学院生・研究者対象の研修(旅費・宿泊等学会側負担)12月14日応募〆切り(募集期間延長)
  3. 公益財団法人 野間教育研究所創立70周年記念 調査研究論文募集
  4. 平成30年度 公益財団法人中央教育研究所,研究奨励金の公募のお知らせ
  5. 日本事業所内保育団体連合会より研究助成の募集案内
  6. 第17回「アジア太平洋研究賞」(井植記念賞)論文募集の案内
  7. 教員の公募情報:仙台白百合女子大学人間発達学科
  8. 博報児童教育振興会「第13回児童教育実践についての研究助成」(応募期間(2017年7月3日~10月31日))のご案内
  9. 【終了】共同研究事業委員会から「奨励研究基金・公募」のお知らせ
  10. 【終了】教員の公募情報:別府溝部学園短期大学