2018年度大会のご案内

2018年度大会のご案内

2018年度大会のご案内

第25回大会を下記の日程で開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。
 

【お知らせ】日本子ども社会学会第25回大会の中止について

7月7日(土)8日(日)に予定されておりました、日本子ども社会学会第25回大会を中止いたします。
現在、西日本を中心に記録的な大雨が降っており、今後降雨がさらにひどくなる可能性があります。
会員の安全確保のため、このような判断に至りました。

 

 
1.期日 2018年7月7日(土)・8日(日)
2.会場 武庫川女子大学
 

・日本子ども社会学会第25回大会要旨集録(PDFファイル)
 

・日本子ども社会学会第25回大会のご案内(PDFファイル)
 

・日本子ども社会学会「第25回大会プログラム」(PDFファイル)
 

・日本子ども社会学会 第25回大会・公開シンポジウム 子どもが育ちあうコミュニティーをつくる(PDFファイル)
 

 

日本子ども社会学会 第 25 回大会・公開シンポジウム 子どもが育ちあうコミュニティーをつくる

 
交通︓阪神鳴尾駅下車徒歩 7 分
日時:2018 年7月8日(日)13:20~15:20
場所:武庫川女子大学中央キャンパス マルチメディア館1階メディアホール
 

1. 主旨

発達障害や貧困など、さまざまな困難を抱える子どもたちを、どこで、誰が、どのように支えていくかが問われており、喫緊の課題ともなっている。今回のシンポジウムでは、大阪市西成区の公立小学校の校長として、障害の有無にかかわらず子どもたちが共に学ぶ場をつくる実践を行ってこられた木村泰子氏と、子どもの居場所として NPO 法人「フリースペースたまりば」(1991 年以降)、不登校生に対する公設民営「フリースペースえん」(2003 年以降)を運営されている西野博之氏をシンポジストとして迎え、子どもが育ちあうコミュニティーづくりの実践とその意義、課題についてお話しいただきます。指定討論者の林美輝氏には、特にコミュニティーづくりといった視点からコメントをいただき、それを基に参加者からの意見も頂戴し、議論を深めていきたい。
 

2. シンポジスト

木村泰子(大阪市立大空小学校元校長)
西野博之(NPO 法人フリースペースたまりば理事長)
指定討論者:林 美輝(龍谷大学文学部教授)
司 会:安東由則(武庫川女子大学文学部教授)
 

3. シンポジストの略歴

木村泰子(大阪市立大空小学校元校長)
武庫川学院女子短期大学(現武庫川女子大学短期大学部)卒業。初代校長を務められた大阪市立大空小学校の実践は、ドキュメンタリー映画「みんなの学校」(監督︓真鍋俊永)で広く知られている。著書に『「みんなの学校」が教えてくれたこと――学び合いと育ち合いを見届けた 3290 日』(小学館、2015 年)など。2015 年に退職後は全国で講演をされている。
 
西野博之(NPO 法人フリースペースたまりば理事長)
神奈川県川崎市の委託により「川崎市子ども夢パーク」内に、公設民営の不登校の子どもたちの居場所「フリースペースえん」を 2003 年に開設。文部科学省「フリースクール等に関する検討会議」や「神奈川県学校・フリースクール等連携協議会」などの委員を歴任。著書に『居場所のちから――生きてるだけですごいんだ』(教育史料出版会、2006 年)など。早稲田大学非常勤講師。

 

過去の大会情報はこちら