子ども社会研究 第13号 2007(平成19)年

「学会ニュース」 > 紀要『子ども社会研究』 > 子ども社会研究 第13号 2007(平成19)年

子ども社会研究 第13号 2007(平成19)年

研究論文
「職業的専門知識」への認識と職業希望のレリバンス
  –工業科高校生を分析事例として
片山 悠樹
子どもが路上生活を続ける/止める理由
  –インド ニューデリー駅周辺の事例から
針塚 瑞樹
ニューカマーの子どもにとっての「居がい」について
  –移り住んだ場所への文化的アイデンティフィケーションに関する一考察
真鍋 眞澄
実践論文
幼児の主体的な表現を支える音楽活動
  –音楽づくりによる音楽表現の共有化と広がりを視座として
Bae Min-Kyoung
研究ノート
若者文化としての学校制服
  –女子高校生の制服おしゃれに着目して
山口 晶子
脳科学の成果を子ども研究に応用するための課題
  –学校カリキュラムへの示唆を中心に
緩利 誠
「児童文化」の原像と児童文化研究
  –誕生期「児童文化」に関する新資料の発見を中心に
加藤 理
書評
書評 坂元一光著『アジアの子どもと教育文化一人類学的視角と方法』 鵜野 祐介
書評 中川正文監修京都女子大学児童文化学会編『児童文化の伝統と現在Ⅲ」 竹内 オサム
書評 深谷和子編著『遊戯療法
  –子どもの成長と発達の支援』
田村 毅
書評 深谷昌志・深谷和子・高旗正人編『いま、子どもの放課後はどうなっているのか』 伴 恒信
書評 井上寿美・笹倉千佳弘著『育つ.育てる・育ちあう一子どもとおとなの関係を問い直す』 師岡 章
書評 小林美代子・立柳聡・深作拓郎・星野一人編著『子育ち支援の創造一アクション・リサーチの実践を目指して』 山本 清洋